ウースター・ボウル 1770

引き継がれた歴史

ウースターの非常に珍しい18世紀のボウル。絵付けが絶妙で当時の上手の絵付けである。窯印がウースターでも数少ない錨の窯印であり、装飾自体は恐らくJames Gilesの工房で行われたと考えられる。このボウルは優れた古陶磁を集めたAlfred Trapnell (1838-1917)のコレクションだった品物の1つであり、それ以外にも古いコレクションラベルが貼られているなど製造されてから250年間多くの人を魅了してきたボウルである。


商品No.